肌とトラブルの関係

アレルギーってなんだろう?

スギ花粉

春になると花粉症に悩まされる、特定のものを食べると蕁麻疹が出てしまう…
これらはアレルギーの一つです。アレルギーとは、体に対する異物(抗原、アレルゲン)を排除しようとする働き「抗原抗体反応」によるもの。本来、生体にとっては必要な免疫反応が過剰になり、不利益になってしまう状態です。アレルギーは、1型〜4型に分類され、10分前後で症状があらわれる1型(即時型)は、花粉症、蕁麻疹、気管支喘息、アレルギー性鼻炎などが知られています。
また、時間が経過してから反応があらわれる4型(遅延型)には、アレルギー性接触皮膚炎(かぶれ)があります。

なぜ化粧でかぶれてしまうの?

化粧品

典型的な接触性皮膚炎である「化粧かぶれ」の原因は、大きく分けて2つ。「刺激」と「アレルギー」です。

【刺激による接触皮膚炎】

皮膚に接触したものの刺激(毒性)によって起こる皮膚炎。たとえば、アルコール、強酸、強アルカリ、摩擦などによる刺激が、ある一定以上になるとほとんどの人に起こります。

刺激によるかぶれは、その時の肌の状態に左右されます。
たとえば、体調や季節の影響で肌が不安定な時、バリア機能が低下している時、むだ毛処理などで皮膚に傷がある時には、症状が出やすいといえます。

アレルゲン
【アレルギーによる接触皮膚炎】

体内の抗体が異物(アレルゲン)を排除しようとして起こる皮膚炎。
濃度や量が極めて少なくても、その異物に拒絶反応を起こす人に限って症状が現われます。

アレルギーによるかぶれは、その時の肌の状態に関係なく生じます。
症状が治まっても一旦アレルゲンに接触すると、同じような反応を繰り返します。

どちらの場合も、赤み・かゆみ・ほてり・腫れなど、症状そのものは似ています。
ただし、原因が刺激かアレルギーかの見極めは大変むずかしいので、皮膚科専門医にご相談することをおすすめします。

化粧品でかぶれたらどうしたらいい?

問診

化粧品の使用を中止して、皮膚科専門医の適切な治療を受けましょう。
低刺激性の石けんなどで肌にのせた化粧品を取り除く、ほてりがあれば水でひやしたタオルで熱をとる、などの応急ケアはできますが、素人療法は悪化のもと。皮膚科専門医を訪れて適切な治療をうけましょう。

問診の際には、いつ、どんな状況で、どんな症状になったか、をできるだけ詳しく説明することが大切。症状が治まっても、原因がわからなければ再発する可能性があります。
何を使ったときに悪くなったか、何を使ったときは大丈夫だったか、ひとつひとつ確認していくことで、原因を調べることができます。
また、かぶれた原因物質が何かを調べる「パッチテスト」という方法を実施している皮膚科もあります。

かぶれを起こさないためには、何に気をつけたらいいの?

化粧品成分表示

アレルゲンに触れないことが第一です。アレルゲンが特定できた場合には、その成分を避けることで化粧かぶれを回避することできます。現在、化粧品の容器や外箱には、全成分が表示されているため、自分のアレルゲンが含まれているかどうかを確認することもできます。
ただし、成分名はさまざまな形で表記されているので、詳細はメーカーに確認ください。(2008年4月からは化粧品工業会の自主基準により医薬部外品の成分表示もスタート)

【自分でできる簡単な使用テスト方法】

アレルゲンを避けても、化粧品を実際に使ってみると、肌に合わない場合もあります。
そこで、ここでは簡単にできる「使用テストの方法」をご紹介します。

【化粧かぶれの原因になりやすいものは?】

香料・色素・基剤成分などが多く報告されています。
これらの物質は、化粧品だけでなく食品や薬品、衣料品などに含まれていることもあるので、日常生活でも十分ご注意ください。
香料・色素・ラノリンアルコール(乳化剤)・ヘアダイの染料(PPDA)・金属

金属アレルギーと化粧品

汗をかいて、赤みが出たり痒みを感じやすいことはありませんか?
汗自体がその原因となっている場合もありますが、汗によって溶け出した金属が原因のことも。
金属はそのままの状態では問題ありませんが、汗などにより溶け出すことで、金属にアレルギーを持った方であれば、トラブルを起こしやすくなります。

【金属アレルギーの原因】

身に付ける金属としてまず思いつくのは、アクセサリーです。
金属アレルギーは、金属に不純物として含まれるコバルト・ニッケル・クロムなどが原因となることが多いため、メッキなど純度の低いものほどアレルギーが出やすいといえます。
アクセサリー以外には、たとえば、時計のベルトやバッグの持ち手などの革製品。これは、光沢を出すために革をなめす際、クロムという金属を使用しているためです。
また、歯科治療の際の詰め物によって金属アレルギーが引き起こされることもあります。

【化粧品中の金属】

無関係に思われる化粧品と金属ですが、実はメイク製品や日焼け止めなどに色素として使用される「酸化鉄」の中に、不純物としてコバルト・ニッケル・クロムなどの金属がほんのわずかに含まれます。
したがって、メイク製品や日焼け止めをつけて赤み・痒みなど、かぶれの症状が出る場合、金属アレルギーも可能性のひとつとして考えられます。
また、既に金属アレルギーであるとわかっている場合は、化粧品選びも慎重に行いましょう。

アクセーヌでは、すべてのメイクアップ製品に、酸化鉄や有機色素をコーティングする独自技術<PV=パーフェクトヴェール>を採用。
色素にアレルギーのある肌に考慮した製品を取り揃えております。
<PV=パーフェクトヴェール>について詳しくはこちら

特にファンデーションメイクアップカラーなどで、合うものがなくお困りの方は、ぜひ一度お試しくださいませ。
百貨店アクセーヌショップでは、店頭で直接お試しいただけるテスターも豊富に取り揃えております。サンプルのご希望の場合も、お気軽にお申し付けください。
ショップリストはこちら
<ファンデーション>についてはこちら
<メイクアップカラー>についてはこちら

  • アレルギーと上手につきあうためのQ&Aアレルギーと上手につきあうためのQ&A
  • おすすめ:ベーシックスキンケアシリーズおすすめ:ベーシックスキンケアシリーズ
コンディションが不安定な肌のスキンケアに
BEAUTY AWARD アクセーヌ 受賞製品
スマートフォンからもご利用いただけます。

ページトップ