肌とトラブルの関係

アトピー性皮膚炎の原因

「アトピー性皮膚炎」とはかゆみを伴う湿疹が中心で、良くなったり・悪くなったりを慢性的に繰り返す皮膚炎です。原因としてはアレルギーを起こしやすい体質的なもの(アトピー素因)と、さまざまな増悪因子(外的要因)が絡んで発症すると考えられています。アトピー性皮膚炎を発症させたり、悪化させたりする因子は、以下のように、身体的要因と環境的要因に分類できます。

増悪要因

アトピー性皮膚炎に悩む肌の特徴

皮膚が乾燥しやすい(水分保持能力の低下)傾向があります。
乾燥を繰り返した結果バリア機能が低下し、外界からの異物・刺激が侵入しやすい状態です。
通常なら防護できるはずのアレルゲンや細菌などが侵入し、炎症を起こしてしまうため、かゆみを生じやすくなります。バリア機能が低下していると水分も蒸散しやすいので、さらに乾燥が進み炎症やかゆみが増してしまう悪循環に陥りがちです。
こういった状態を改善するためには、治療と同時に適切なスキンケアが必要となります。

ワセリン
【季節による症状の変化】

季節によってかゆみが増し、調子が悪くなることがあります。
たとえば、夏場の汗、冬なら空気の乾燥などです。調子が悪い時は、普段使用できている低刺激性で肌に合う化粧品でも、刺激を感じることがあります。
その場合は、化粧品の使用を止め、ぬるま湯での洗顔のみにしていただくことを、おすすめします。洗顔の後は、ワセリンなどの保湿剤を使いましょう。

アトピー性皮膚炎がある場合の化粧品の使い方

まずは治療が最優先ですが、薬を使って症状がよくなったときは、スキンケアが重要な鍵を握ります。
アトピー性皮膚炎治療のガイドラインにおいても、薬物療法や原因の検索と対策とともに毎日のスキンケア<洗浄と保湿>が治療の柱となっています。

  • 1.洗浄 肌に負担をかけない洗顔についてはこちら
  • 2.保湿
  • 3.紫外線ケア
  • 4.メイクアップ
  • アトピー性皮膚炎と上手につきあうためのQ&A
  • おすすめ:ADコントロールシリーズ
アトピー性皮膚炎のスキンケアには
BEAUTY AWARD アクセーヌ 受賞製品
スマートフォンからもご利用いただけます。

ページトップ