肌トラブルと化粧品大人のニキビについて

ニキビ

大人ニキビ スキンケア&メイクアップアドバイス

スキンケア&メイクアップアドバイス

【クレンジング・洗顔はニキビケアの要】

汚れをしっかり落とすことは大切ですが、こすりすぎはかえって肌に刺激を与えるので要注意。
乾燥を招いたり、バリア機能の低下の原因にもなりがちです。

【ニキビのスキンケアにも保湿は大切】

ニキビがあると、ついその肌はオイリー=皮脂分泌が過剰と思いがちです。けれども、20代〜30代の「大人のニキビ」に悩む肌は、角質層の水分不足が進んでいます。ですから、保湿は重要なステップ。
肌表面にベタつきが残らないアイテムを選んで、肌の内部の水分保持力を高めましょう。

【"ニキビ肌用"なら安心?】

ニキビへの効果を期待して、と何種類もの化粧水や美容液をつけてしまうのは逆効果。
バリア機能が低下している状態では、かえって肌に刺激や負担となってしまうこともあります。
どんな化粧品でお手入れしているか、改めて確認してみるのもよいのでは?

【ニキビがあってもメイクアップは楽しめる】

メイクアップは毛穴をふさいでしまいニキビを悪化させる、と長年いわれてきました。
けれども最近では、ニキビができている肌に負担をかけない化粧品も増えて、さまざまなタイプのものが選べるようになりました。皮膚科の医療現場でも、化粧品を全面的に禁止するのではなく、適切な治療とともにその方法にさえ注意すれば、メイクアップもOKという傾向になっています。
ニキビを悪化させることなく、かえってQOL(Quality Of Life=生活の質)が向上することもわかってきました。

【ニキビが気になる時のメイクアップのポイント】

一日の中でメイクにかけられる時間は限られているもの。ニキビに悩んでいるときこそ、ベースメイクにかけていた時間をポイントメイクにあててみませんか。ニキビから視線をそらすメイクアップで美人力アップ!

  • STEP1 メイク前
  • STEP2 肌色を補正し、目立たなくするメイクアップ
  • STEP3 ニキビから視線をそらすメイクアップ
戻る
BEAUTY AWARD アクセーヌ 受賞製品
スマートフォンからもご利用いただけます。

ページトップ