はじまりは、
皮膚科医との共同研究から。

アクセーヌの考え方ABOUT

低刺激性・高機能
皮膚生理学の本質に基づき、
美しさを考えるアクセーヌ

1970年代、化粧品によるアレルギーが
人々の肌に深刻な影響を及ぼし、
化粧をすることが危険視されたことがありました。
アクセーヌは、こうした化粧品アレルギーを
二度と繰り返さないための理論を、
皮膚科専門医とともに
共同研究したことからはじまります。

アクセーヌのこだわり

アクセーヌでは、流行に左右されず、
お客さまの肌にとって本当に必要なことは
何かを考え、
効果の実感を追求。
心地よく化粧品を楽しんでいただくために、
開発段階から販売に至るまで、
たとえ効率が悪くても手を抜かない。
小さなこだわりの積み重ねがあるからこそ、
品質に絶対的な自信があります。

1化粧品の原料を厳選し、
安全性を追求

肌に刺激となりやすい成分をできる限り取り除くため、化粧品原料を厳選。肌が敏感な方にご協力いただき、各種試験にクリアしまた、特に刺激となりやすい「香料」「着色料」「アルコール」については、すべての製品で、無香料・無着色・アルコール(エタノール)フリーを実現しています。

  • 無香料
  • 無着色
  • アルコール(エタノール)フリー

※すべての方に刺激やアレルギーが起こらないというわけではございません。

more

2様々な肌トラブルを想定した
安全性の試験

発売までにさまざまな試験を行い、安全性を確認しています。たとえば皮膚刺激性の度合いを確認するためのパッ、シリーズや製品に応じた肌トラブルにお悩みの方などにご協力いただいています。

more

3厳しい自主基準を
クリアしたものだけを発売

アクセーヌでは、実際に使用した際の効果の実感を重要視し、厳しい自主基準をクリアしたものだけが発売すること。自主基準の一つである使用試験は、試験の参加者がだれでも良いということはなく、特定の肌トラブルを抱える方などにご協力いただき、厳正に評価していただきます。

more

4パラベン(防腐剤)フリーの製品に
配慮した製造システム

パラベン(防腐剤)フリーの製品も多いため、アクセーヌではすべての製品を製造する際に注意を払っています。混入しないよう、清潔な作業服の上からさらにホコリなどを取り除きます。また、万が一を防ぐため、製造後にフィルターでろ過しています。特に肌が敏感な方が使用することの多い「AD コントロール ローション」の製造においては、通常のフィルターよりも網目が非常に細かいものを使用しています。

more

5肌と心に寄り添う
カウンセリング

「敏感肌」といっても、人によってその肌の状態やトラブルの起こりやすい時期・原因はさまざま。だからこそ、自分の、自分に合った正しいケアをすることが重要だと、アクセーヌは考えます。
そのため、機器を使用した専門的な肌状態のチェックに加え、お客様とのコミュニケーションを最も大切にしています。

STEP1

肌状態を理解する

お客様の体質や肌状態などについて、「聴く」「触れる」「見る」といったコミュニケーションから得られる情報をカウンセリングの中でお伺いしています。さらに、機器を使用して肌状態(キメ・水分量・色素沈着など)を徹底的にチェック。

STEP2

肌状態に合わせた
ご提案

コミュニケーションから得られた情報や肌チェックの結果をもとに、約9万通りの組み合わせの中から、お客様にぴったりのスキンケアをご提案します。

more

アクセーヌの本質

トラブルは年々複雑化していますが、
アクセーヌは「A.C.S.」を守りながら、
解決策を追求。
アトピー性皮膚炎・化粧かぶれを起こしやすい肌・
大人のニキビ肌など、
多様な肌トラブルを見つめつづけ、
アレルギーの原因を取り除き、
低刺激性で効果が実感できる化粧品により
女性の肌を美しく進化させてきたのです。

ACS

A、C、S。この3つのアルファベットは、アクセーヌの原点であり本質。
アレルギーの原因であるアレルゲン(かぶれの原因物質)を追求し、それを日常生活から取り除き、
再発を防ぐという理論によって確立された治療補助システム
「Allergen Control System=皮膚炎再発防止機構」を意味します。
アクセーヌは1973年、皮膚科専門医と9社の企業とともに「ACS研究会」を設立し、
化粧品部門として化粧品を開発し、現在に至っております。

アクセーヌの歩み

多様な肌トラブルを見つめつづけて40年以上

  • 1970 -

    ファンデーションによる化粧品皮膚炎
    を発見、研究開発をスタート。

  • 1972 -

    皮膚科専門医チームとの
    共同研究を開始。

    「香粧品とアレルギーの解明」をテーマに、皮膚科専門医チームと共同研究を開始。

  • 1973 -

    ACS研究会に化粧品部門として参加。

    当時東京都済生会中央病院皮膚科医長の中山秀夫博士が<ACS(Allergen Control System=皮膚炎再発防止機構)>理論を提唱。診断・試薬・治療補助システムの研究のため「ACS研究会」が設立され、他9企業とともに参加し、化粧品部門を担当。

  • 1977 -

    ACSに基づいて開発された化粧品
    の完成、ACS相談センターを設立。

    <ACS(Allergen Control System=皮膚炎再発防止機構)>に基づいて開発された化粧品が完成し、複数の皮膚科で臨床テストを開始。「ACS相談センター」を設立し、薬剤師による専門的なカウンセリングを始める。

  • 1979 -

    アクセーヌの前身ブランド
    「クリニカ」誕生

    ブランド名「クリニカ」として、化粧品の販売を開始する。

  • 1984 -

    「アクセーヌ」誕生

    <ACS(Allergen Control System=皮膚炎再発防止機構)>を頭文字にして、アクセーヌ株式会社を設立。ブランド名を「アクセーヌ」に変更すると同時に、スキンケアシリーズの販売を開始する。

  • 1995 -

    AD コントロール シリーズ 発売

    特に肌が敏感になりやすい方向けに、肌へのやさしさと機能性が両立した「AD コントロール シリーズ」を発売。

  • 2001 -

    モイストバランス 発売

    水分を80%含む高機能保湿ジェル「モイストバランス」を発売。

  • 2012 -

    スーパーサンシールドEX 発売・
    モイストバランス リニューアル発売

    ノンケミカル&高いUV防止効果でありながら、肌への負担のなさ・心地よさを徹底的に追求した「スーパーサンシールド EX<SPF50+><PA+++>」を発売。2013年からは、紫外線UV-Aを防ぐ指数が<PA++++>表示へ。
    さらに、きちんと保湿しているのに「潤いが続かない」とのお悩みに応え、11年間愛され続けた「モイストバランス」を「モイストバランス R」としてリニューアル発売。

  • 2016 -

    モイストバランス ローション 発売

    現代女性の乾燥悩みに応える新しい保湿化粧水として、一日中潤い続ける「モイストバランス ローション」を発売。

  • 2017 -

    スーパーサンシールド
    ブライトヴェール 発売

    「スーパーサンシールド EX」ではカバーしきれない肌不調に悩む女性のニーズに応え、肌色補正効果を高めたカバータイプの日やけ止めベースクリーム「スーパーサンシールド ブライトヴェール」を発売。

  • 2018 -

    スーパーサンシールド
    ブライトフィット 発売

    SPF50+の高い紫外線カット効果、肌を美しく魅せる効果の2つを叶え、毎日のボディに心地よくフィットする顔・からだ日やけ止め乳液「スーパーサンシールド ブライトフィット」を発売。

他アクセーヌ製品の紹介

やさしさよりも保湿力を重視する方はこちら

アクセーヌ モイストバランス

日中の乾燥・UV対策をしたい方はこちら

アクセーヌ スーパーサンシールド
PAGE TOP

OFFICIAL SNS

Facebook

SHARE

Facebook Twitter
@Copyright ACSEINE ALL rights reserved.