肌とトラブルの関係

ニキビはなぜできるのでしょう?

大人のニキビの原因は実にさまざま。複数の要素が絡み合って発生します。
その原因には、意外と思えるものもあります。たとえば、ニキビができる肌は皮脂の分泌が過剰と思いがちですが、実は乾燥による水分不足もその原因のひとつでもあるのです。

ニキビの原因は
ニキビは、なぜできるのか?たとえば・・・

ニキビができたらどうしたらいいですか?

ニキビは「尋常性ざそう」という皮膚疾患のひとつです。
気になるから自分で潰してしまうケースも多いようですが、これはもってのほか。
雑菌がついて炎症が悪化し、ニキビ跡になってしまうこともあります。
そうなる前に、症状が気になったら皮膚科専門医の診断を受けましょう。また、日頃の生活やスキンケア・メイクアップなどを気をつけることで、肌状態をよくして、悪化を防ぐこともできます。

ニキビを悪化させないためにできることは?

入浴
【ストレスと上手につきあう】

精神的なストレスはニキビを引き起こす要因の一つ。また症状の悪化にもつながります。
日常生活では、よく眠る・入浴タイムにリラックスする・趣味を楽しむなど、自分なりの方法でストレスと上手につきあっていきましょう。また、肌に負担をかけない適切なスキンケアとメイクアップはストレス軽減にもつながります。

睡眠
【眠りの質をよくする】

睡眠不足はホルモンバランスが崩れる大きな要因。皮膚の回復力も著しく低下するので、よりニキビができやすい状態になります。精神的なストレスにも多大な影響を与えるので、睡眠はたっぷり、8時間程度が理想的です。肌の回復力がピークを迎えるのは午後10時から午前2時なので、早めの就寝を心がけましょう。

UVケア
【紫外線対策は万全に】

バリア機能を低下させる紫外線はニキビの原因の一つでもあり、炎症をさらに悪化させて、ニキビ跡の色素沈着の原因となります。ダメージを減らすために、できるだけ紫外線から皮膚を守るようにしましょう。ただし油分の多い日やけ止めはニキビに負担になるため、油分を極力抑えた、ノンコメドジェニックテスト済の製品がおすすめです。
ニキビに極力負担を与えないUVケア用品を選んで、紫外線をしっかりと防ぎましょう。

野菜&くだもの
【バランスのよい食生活を】

脂肪分や糖分の多い食べものがどの程度ニキビの原因になるかは実はよくわかってはいません。
けれども栄養バランスは肌にとっても活力の源、偏りのない規則正しい食生活を心がけましょう。
また無理な食事制限はストレスを抱えることにもなるので要注意です。

パフ
【肌への刺激に気をつける】

ファンデーションのパフ、枕カバーや布団カバーなど、肌に触れるものを清潔にすることもニキビ予防になります。
イライラした時についついニキビを触ったり、つぶしてしまったりという癖も、ニキビを悪化させます。
毎日の行動や身の回りのものがニキビの悪化要因になっていないかどうか、自分でチェックしてみましょう。

ニキビができていても化粧品を使ってもよいですか?

症状がひどい時は、皮膚科専門医に相談の上、化粧品の使用を控えてください。
けれども適切なスキンケアとメイクアップは、ニキビ予防やストレス軽減にもつながります。
状態が落ち着いている時は、ニキビに負担をかけない化粧品を選んで、スキンケア&メイクアップを行いましょう。

  • スキンケア&メイクアップ アドバイススキンケア&メイクアップ アドバイス
  • シーバムクリーンアップシリーズがオススメシーバムクリーンアップシリーズがオススメ
大人のニキビは
スマートフォンからもご利用いただけます。■スマートフォンサイト:http://www.acseine.co.jp/shop

ページトップ