アクセーヌヒストリー

1970
医療用ファンデーションの開発を進める中、色素沈着を伴う化粧品皮膚炎を起こす方が多く見られることを発見。それがアレルギーによるものと判明した段階で、原料の中から原因物質(香料・色素・不純物等)を除く研究開発に取り組む。
1972
「香粧品とアレルギーの解明」をテーマに、当時東京都済生会中央病院皮膚科医長の中山秀夫博士を中心に研究を進めていた皮膚科専門医チームと共同研究を開始。化粧品皮膚炎を起こす成分を除いた試作「ACC (Allergen Controlled Cosmetics)」を開発し、臨床応用によって色素沈着型化粧品皮膚炎に対する治療補助手段になることを発見。
1973
中山秀夫博士が<ACS(Allergen Control System=皮膚炎再発防止機構)>理論を提唱。診断・試薬・治療補助システムの研究のため「ACS研究会」が設立される。アクセーヌ(株)をはじめ9企業が参加。
アクセーヌは化粧品部門を担当。
1974
第73回日本皮膚科学会総会にて中山秀夫博士が「香料アレルギーと化粧品皮膚炎」を発表。化粧品、石鹸に使用されている数百種類の香料、その他の成分の中からアレルゲンを見つけ、これを化粧品皮膚炎患者の全接触環境から除去して皮膚炎の再発を防ぐシステム(ACS)を設計。
その効用を検討したところ、色素沈着型皮膚炎に対して極めて有効であった、といった内容。この発表を機に、化粧品の安全性に対する社会的関心が高まる。
1975
厚生省(厚生労働省)が、アレルゲンとなり得る「表示義務成分」の内容を決定。薬事法にて表示が義務づけられる。
1977
<ACS(Allergen Control System=皮膚炎再発防止機構)>に基づいて開発された化粧品が完成すると同時に、名古屋大学医学部皮膚科、関西医科大学医学部皮膚科、大阪回生病院皮膚科などで臨床 テストを開始。
この年「ACS相談センター」を設立し、薬剤師による 専門的なカウンセリングを始める。
1979
ブランド名「クリニカ」として、化粧品の販売を開始する。
1984
<ACS(Allergen Control System=皮膚炎再発防止機構)>を頭文字にして、アクセーヌ株式会社を設立。ブランド名を「アクセーヌ」に変更すると同時に、スキンケアシリーズの販売を開始する。
1991
顔料のすべてをマイクロカプセルで内包する、世界ではじめての技術を開発。
アレルギー対応の「MC(マイクロカプセル)ファンデーション」を発売。
1993
オイルフリー、界面活性剤フリーの高機能保湿ジェルをいち早く市場導入。
1995
アトピー性皮膚炎の治療補助手段=スキンコントロール=清潔+保湿に基づき、安全性と機能性が両立した「ADコントロールシリーズ」を発売。表示義務成分無添加、アルコールフリー、乳化剤フリー。
1996
角質層のバリア機能の改善を目的とした「ベーシックスキンケア(AL)シリーズ」を発売。紫外線吸収剤を使わないUVベース「マイルド サンシールド」、メイクアップカラー製品を相次いで市場導入。
さらに、従来のMCファンデーションをバージョンアップさせた「FC(ファインコート)」ファンデーションを発売。色素の顔料をひとつずつシリカ薄膜でコーティングした。
1998
お客様対応の電話相談窓口、「アクセーヌカスタマーセンター」を開設。薬剤師の資格をもつスタッフの指導により、より専門的な美容カウンセリングをスタート。
また、大人のニキビ対応の「シーバムクリーンアップシリーズ」を発売。
1999
紫外線がニキビの原因になることに着目した、大人のニキビ対応の紫外線吸収剤を使わないUVベース「UVプロテクション」発売。2001年春の薬事法改正に伴う、全成分表示の実施に先駆けて、4月以降に発売される製品より順次表示。
2000
美白成分を細胞の構成組織と類似した「リン脂質」でカプセル化した独自技術<リリースエマルジョン>を開発。この技術を採用することで低刺激性と高浸透力が両立した「ホワイトエマルジョン シリーズ」を発売。
また、「ADコントロールシリーズ」に保湿・保護アイテムを拡充。
2001
ファンデーションの顔料はもちろん、メイクアップカラーのタール系(有機)色素までを薄膜シリカでコーティングする、世界初の技術を開発。「アクセーヌ メイクアップPV(パーフェクトヴェール)シリーズ」を発売。
また、水分を80%含む高機能保湿ジェル「モイストバランス」を発売。
2002
バリア機能低下の要因となる"角質肥厚"に取り組む泡洗顔料「リセット ウォッシュ」を発売。
さらには、炎症後の色素沈着に着目したジェル「ホワイト エマルジョン セルアップ ジェル」を発売。
2003
刺激を受けやすい目もとの色素沈着に対応する「ホワイト エマルジョン セルアップ アイ」を発売。
2004
紫外線吸収剤を使わないノンケミカルでありながら<SPF50・PA+++>。完璧なまでの効果と安全性を兼ね備えた、紫外線による乾燥・肌荒れ対策のUVベース「スーパー サンシールド」を発売。
2005
刺激に弱く、乾燥が原因でできる「大人のニキビ」に、より効果的に働きかける、「アクセーヌ シーバムクリーンウォーター ACモイスト(医薬部外品)」発売
紫外線カット効果と保湿効果を高め、皮膚科医師に支持され続けているロングセラー製品の「マイルドサンシールド」リニューアル発売。
2006
医療機関において、ニキビ治療補助効果が確認された、「アクセーヌ シーバムクリーンウォーター ACモイスト マスク」発売。
2007
独自技術<リリースエマルジョン>が進化した<多層リリースエマルジョン>を開発。保湿しながら、狙った所に美白成分を届け、美白効果を高めることを可能にした。この技術を採用した「新ホワイトエマルジョン シリーズ」を発売。
2008
高い浸透力で、基底膜(=細胞が生み出される部分)に働きかける独自処方を開発。乾燥を繰り返す肌の「肌構造」を変える化粧液「セル モイスチュア ウォーター」を発売。
2010
ストレスが「肌の乾燥」につながることに着目。 弾力性があり、摩擦性の少ない球状粉体<クロスポリマー>の採用と全ての粉体を保湿効果の高いスキンケア成分で均一コーティングすることで軽いつけ心地と化粧ノリのよさを実現した「シルキィモイスチュア ファンデーション」を発売。
同時に、独自技術の<MCキトサンヴェール>により水性の保護膜を形成し、スキンケア成分の浸透を促して、角層の内部を潤しながら、化粧ノリのよい状態にする「オールデイ クリアブライト ベース」を発売。
2011
ハリ・弾力の低下など、実年齢以上に肌年齢が進む現代の肌に、刺激などの肌ストレスも関係している事をつきとめる。
「必要な成分」を「必要なところ」に「刺激・ストレス」を与えずに送り届ける、<バイオデリバリー技術>の開発により、ハリ・弾力に高い効果がありながらも、毎日負担なく使える「肌ストレスフリー」なエイジングケアを実現した「フューチャーサイクル クリーミィセラム」を発売。
2012
成人女性の2人に1人が日常的にSPF50の製品でUVカットをしたいと考えているにもかかわらず、肌への負担が心配で使用をためらっているという事実に着目。
進化し続ける保護膜技術により、ノンケミカル&高いUV防止効果でありながら、肌への負担のなさ・心地よさを徹底的に追求した「スーパーサンシールド EX<SPF50+><PA+++>」を発売。2013年からは、紫外線UV-Aを防ぐ指数が<PA+++(3プラス)>から<PA++++(4プラス)>表示に。アクセーヌ史上最高のUVカット効果をもつ製品となる。
さらに、きちんと保湿しているのに「潤いが続かない」肌のために、11年間愛され続けた「モイストバランス」を「モイストバランス R」としてリニューアル発売。セラミドの働きを応援する成分を新配合し、みずみずしい感触はそのままに、保湿力を強化。
2013
色素が直接肌に触れない独自のPV(パーフェクトヴェール)技術をさらに進化させ、新技術<エアリーフィットカラーキープ>処方により、軽やかな質感・くすみのない明るい発色・心地よいフィット感を実現したアイシャドウアイブロウチークハイライトの4カテゴリーから成る、「新フェイスカラー」を発売。
さらに、色と水の層が織り成すラメラ効果と、シール効果で唇の潤いを抱え込み、同時に光を取り込んで、荒れている唇を負担をかけずにふっくらツヤやかに演出する「リップグロス」を発売。
2016
現代の肌を取り巻く環境は、内的・外的ダメージも多く、多くの女性が乾燥という悩みを抱え敏感に傾きやすい事に着目。
健やかな肌の原点である「潤い」を、単に与えるだけでなく、その「質」と「量」に徹底的にこだわり、現代女性の乾燥悩みに応える新しい保湿化粧水として「モイストバランス ローション」を発売。
BEAUTY AWARD アクセーヌ 受賞製品
スマートフォンからもご利用いただけます。

ページトップ